英虞湾・賢島の今昔

三重県志摩市の英虞湾内にある賢島。リアス式海岸と真珠の養殖で有名な英虞湾・賢島の長きに渡る今昔に注目していきます。

英虞湾・賢島の今昔

○ 賢島の由来

賢島の遺跡からは、讃岐岩製の石鏃(せきぞく)や石斧(せきふ)などが発見されており、縄文時代には人が暮らしていたのではないかとされています。また、島内からは古代の製塩跡も発見されました。

しかし、その後は神明村に属した無人島になり、長い間森林と水田だけが見られる程度でした。
賢島とその神明村は当時の農民が干潮の際に歩いて渡れる距離にあり、徒歩で島に渡っていたことから古語で徒歩を意味する「かち」を用いて、かちこえ島と呼んでいたそうです。それが次第に訛って「かしこ山」になり、鉄道開通を機に賢島の漢字表記に改められました。

○ 真珠養殖と観光の発展

鉄道開通と伊勢志摩国立公園の指定を受け、ホテルや旅館など宿泊施設が次々にオープンし、賢島は奥志摩の人気の観光拠点として定着します。また、賢島のある英虞湾内の多徳島は、御木本幸吉(みきもとこうきち)が真珠養殖に成功した最初の地であり、真珠養殖の成功後、英虞湾は真珠養殖の要となり賢島には国立真珠研究所が誕生しました。

そして、2016年に日本で開催される主要国首脳会議(サミット)の開催地として、志摩市の賢島が決定されました。サミットの開催地には志摩市に加え、長野県軽井沢町、仙台市、新潟市、浜松市、など計八都市が名乗りを上げていましたが、日本の伝統や文化を重んじる意向から志摩市の賢島に決定したのです。

毎年多くの観光客が訪れる賢島へご旅行をお考えでしたら、ぜひ当館にご宿泊下さい。
当館は英虞湾の絶景が望める場所に位置する全室露天風呂付きの旅館で、お部屋からは真珠の海である英虞湾はもちろん、夜になると満天の星空が眺められ、寛ぎの時間を過ごすことができます。季節限定のグルメプランやアニバーサリープランなど、随時おすすめの宿泊プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

伊勢志摩・賢島観光で旅館・宿泊施設をお探しなら【星たる】 概要

名称 星たる
所在地 〒517-0502 三重県志摩市阿児町鵜方字タチメ3618-37
電話番号 0599-44-3111
FAX 0599-43-1551
URL http://www.mjnet.ne.jp/hotaru/
説明 伊勢志摩にある旅館【星たる】です。人気の賢島の観光の際にもぜひご利用ください。おすすめの露天風呂付き客室や、伊勢志摩の旬の味覚をご堪能いただける食事プランもご用意しております。