女性が浴衣を着る際のポイント

女性にとって浴衣は人気のある和装のひとつです。
旅館などの宿泊施設では浴衣が用意されていることが多く、そんな浴衣を旅行の楽しみのひとつとして考えている方もいるのではないでしょうか。色浴衣を用意する旅館も増えており、伊勢志摩の当館でも女性のお客様に色浴衣の無料貸出を行っております。浴衣を美しく着こなしてぜひ、旅をより楽しいものにしませんか。

女性が浴衣を着る際のポイント

○ 浴衣を着る際に気をつけること

浴衣を着る際に気をつけること

浴衣を着る際は、本人から見て、右側を手前にして左側を重ねるように着ることが重要なポイントになります。
向かい側の方から見ると襟元が「y」のような形になるようにします。これを「右前」といい、浴衣を着る際の右手が懐に入ることを意識すると覚えやすいでしょう。また、浴衣を着る際はスポーツ用か和装用のブラジャーをするのがおすすめです。
それらを使うことでスッキリとしたシルエットに仕上がります。

○ 浴衣を着る手順

【浴衣の着方】

  • まずは浴衣を羽織ります。肩からまっすぐ落ちるように整えていき、足は肩幅より少し狭めに開いて立つと安定して動きやすくなります。
  • 衿先の少し上を持って体の前で揃え、背縫いが背中の中心にくるように調整します。
    そしてこのとき、もう一方の手で背縫いの腰辺りをつまんで持ち上げて、裾をくるぶしが見える程度の長さに調整します。
  • そして、右手から左脇に持っていき端を重ね、今度は左手側を前に持っていきます。
  • 左手側を重ねるときは、端を約5センチ上げると、たるまずに合わせることができます。
    このとき、右手で腰の辺りを押さえると裾の位置を固定させましょう。

【腰紐の巻き方】

  • 着物を着たら今度は腰紐を巻いていきます。
    腰紐の真ん中を持ち、両手で押さえるように支えて、左手を左方向へずらすように巻いていきます。
  • 腰紐を後ろで交差させたら前へと持ってきて、ここできつめに締めます。
    腰紐がきちんと結ばれていないと着崩れの原因となってしまうためしっかりと結びましょう。
  • 余った腰紐は、それぞれ逆方向へ引っ張り、脇で腰紐を挟むようにします。
  • 腰紐を結んだら、おはしょりを整えます。わきの下にあいている穴から手を入れ、腰周りのだぶつきを整えていきます。前のとも衿の端と後ろの背縫いの部分を持ち、指3本を目安に衣紋の開きを決めます。
    その後、前を合わせて衿合わせが喉のくぼみあたりに来るようにしましょう。

【帯の結び方(蝶々結び)】

  • おはしょりを整えたら、コーリンベルトや伊達締めなどを使用して衿の乱れを防ぎます。
  • 次に、半分に折った帯の手先を右肩に預け、胸元にクリップなどで留めておきます。
    そして、帯を胴に巻いていきます。帯をひと結びする前は、結び目がかさばらないようにするために、たれを斜めに折り上げます。このとき、巻き終わりのたれを内側に折り上げ、手を上にかぶせて下から結ぶのがポイントです。
  • たれ先を持つようにして巻きだたみをしていき、羽根の大きさを調整します。
    その後、帯幅の中央を山になるようにして、両側に山ひだを作ります。胴の下辺り、羽根の中央で結び目を合わせ、ひと巻きしてから引くと上手く結べます。手を胴に巻いた帯を内側に折ってしまうようにしましょう。
  • 羽根を整えるとき、左右それぞれを引き出しながらバランスを取っていきます。
    整えた後は、右から帯を後ろへ回すことで、衿合わせが崩れずに後ろに持っていけます。
  • 必要に応じて胴と帯の隙間に前板を入れると帯が崩れにくくなります。
    後は、羽根を広げてしわを伸ばしたら完成です。
浴衣の着方 帯の結び方(蝶々結び)

当館は全室露天風呂付きの宿となっております。
伊勢志摩の美しい海と自然に囲まれた広大な敷地で、贅沢なひとときを過ごすことができます。
伊勢海老や鮑、松坂牛など伊勢志摩のご馳走も用意しております。伊勢志摩の宿泊施設をお探しでしたら、当館をお選び下さい。

伊勢志摩・賢島観光で旅館・宿泊施設をお探しなら【星たる】 概要

名称 星たる
所在地 〒517-0502 三重県志摩市阿児町鵜方字タチメ3618-37
電話番号 0599-44-3111
FAX 0599-43-1551
URL http://www.mjnet.ne.jp/hotaru/
説明 伊勢志摩にある旅館【星たる】です。人気の賢島の観光の際にもぜひご利用ください。おすすめの露天風呂付き客室や、伊勢志摩の旬の味覚をご堪能いただける食事プランもご用意しております。